藤本美貴論。

藤本に関しては、紺ヲタながら、
その魅力的な声色のこと(3回くらいは書いた記憶あり)やらGAM(脳内暴走してますが)やらで散々?書いたことがありますが、

GAMで楽しそうにしてる藤本を見ていて、思ったわけです。


後藤さんのソロデビューの、先にあったもの。
安倍のソロデビューの、石川率いる美勇伝結成の、前にあったもの。


卒業発表だったじゃないですか。



いつかまでは予想たてられないけど、次の卒業は藤本の可能性が圧倒的に高いと思います。
ソロ復帰を待ちわびる声もありますし、GAMとして(美勇伝でいう石川のような)新しい活動場が生まれたことは大きいと思う。

Wの単独ライブって記憶のなかじゃまだ無いけど、
これだけ注目を集めてる(mixiのコミュでもかなり多くの人が参加しているし)ユニットだから、この先それがまったくないって考えられない。

いや、むしろGAMにこのままの規模の活動をさせるのはもったいないと思うんですよ。
娘。と松浦ってスケジュールなんか合わせづらそうだし。

GAMは、
おいらのようなカプヲタを狙ったユニット・・・でもあるのでしょうが、
それ以上に、松浦亜弥藤本美貴の実力を見るべきだとおもうんですよね。
だって単体でだって抜けた歌唱力持ってるわけだし、
仲良し且つ粒ぞろいの、ハロ内でも実力派じゃないですか。
無いならやってほしいくらいだもん、GAMの単独紺とか。



(おいらは、カプヲタである前に、まじめなモーヲタやってるつもりです。
6年前ハロに踏み込むきっかけは上辺だけだったような気もしますが、そこから彼女らの魅力を発見して、推してきたつもりです。
じゃなきゃ、こんな読む気も起こらなくなるようなバカみたいに長い文章で主張なんかしません。)





声色的に、
藤本は、保田を埋めるような形で加入してきたとおいらは読んでいますが、
*1

藤本と同系の声色を持つのは、吉澤・新垣。
小春はきっと、亀井と同系だと思うんですよ。(白ですねつまり)
だからきっと今のバランスでいうと、

亀井・久住     (矢口、石川)
高橋・道重     (辻、紺野)
田中        (安倍、加護、小川)
吉澤・新垣・藤本  (飯田)

になってると思うんですね。

8期ではどんな子をコンセプトにしてるとかない(の☆カナ)みたいだけど、(寺田は沖縄民に重点を置いてるようですが
個人的には、このバランスだと、どうしても田中の隣を補充したくなるわけで。

まぁ正直なところGG衣装原理では、赤以外は割り振りが微妙というか曖昧な感じはあるけれど、
実際パートの引継ぎが行われているのは、圧倒的にこのカラー分け内が多いわけで、おいらには漠然とした特徴しかわからないけど、きっと何か要因があるんだろうと思ってる。


だからなんだといいますと、8期で、藤本に代わる声色のメンバーを注入することがなくても、
いつどのタイミングでも彼女の卒業は考えられるんじゃないかってこと。
吉澤・新垣とはまったく違った、ソロ経験がある彼女ならではの声だとは思うけど、その分2人が台頭してくることだって考えられるし。


まぁ、今の娘。には不可欠な力になってるとは思うけど・・・。

なんつーんだ。

おいらが辻加護に対して抱いたのは「もったいない」って気持ちだったし、だから二人の卒業発表があったときは頷けたし、
おそらく、成長したら抜かれるんだと思うんですよね、モーニング娘。っていうグループ内だと。
”リストラ”だとか言われてるけどさ、
「黄金の9人」から「青空の10人」まででモーニング娘。のあり方自体が変わってきているなら、*2
それこそもっと久住や亀井を前衛に押し出す必要こそあるだろうし。




まぁ上記の長々とした文章がただの戯言で終わったとしても
このGAMが結成されたことで、きっとハロプロ内で何かが変わるような気はする。