「なんで研究なんかしてるんだろう?そう思わない?」

と、同輩に言われた。
ちょうどここ2・3日、自分も同じことを考えていた。


エゴン・シーレ。レスビアンをモチーフにした同性愛の作品。
こういう性を持っている“自分にしかできない”と思ってきた。これから先、自分以外に同じ研究に手を出す人間がいるかもわからない。
けど実際、バイトしていると、その業務内容問わず「こうやってある仕事をひたすらこなしていくって楽だな」と感じてしまう。
それと比べれば、研究は自分が止まればすべて止まり、止まったままでも誰にも迷惑をかけない。全部自分の責任になる。
OGの方の話を聞いたり、自分の今後をリアルに考えると、何やるにしても“フリー”になるんだろうなと思う。
と考えると今自発的に研究ができない性ならその時点で危うい。
研究をノルマと捉えたくはないし、捉えてはいけないのだが、語学といい思考能力や集中力といい、自分の前に立ちはだかってる壁は高い。
それ以外にもバイトでお金貯めたり、就活もやったり、授業の予習や課題もこなしたりと、とにかく同時進行させるべきコマが多い。


どれもこれも自分で決めた道。自分の希望。
どれもこれも手出すことは中途半端だけど、このテーマだけは妥協したくない。
このテーマを研究することは、自分と向き合うことにもなるから。