カミングアウト

One Voice 「変わらない誤解とカミングアウト」
http://hidekiss.exblog.jp/11462657/

講義でお世話になった、砂川先生のブログから。
“カミングアウト”、自分は周りの友達の何人かにはした。今はもう別れてしまった人だけどさ。
自分が男なのか女なのか、よくわからないけど、最近は結局“女”なんだろうなって感じる。
だからきっと自分はレスビアン、あるいはバイセクシャルになるんだろうけど、なんだろう。
「女の子と付き合ってるんだよね」と言ったら、それが“カミングアウト”になるのかな。
だけど、それだけだったら絶対にわかってもらえないとすごく思う。
自分の場合、「"女性"だから、"男性"だから、好きになるんじゃないんだよ。その人の精神的な部分を好きになるんだよ」って言っても、優気の性格や思想をよくわかってる人じゃないと、正確に理解はしてもらえないんだろう。
実際、こういう人を好きになる感覚って、異性愛者には(“常識”もふくめて)当たり前のことすぎて、柔軟になって考えるのって難しいんじゃないかな。
それでも、せめて自分の大切な家族や友達にはわかってほしいと思うし、これまでの信頼や関係があってこそ理解してもらえるだろうと期待するけど
言っても言わなくても、相手との関係はそれまでと何も変わらないと思う。
ただ、自分の中のわだかまりみたいなものがスッと軽くなるのかなとは思える。
やっぱり言う必要ってあるよね。わかってほしいもん、自分のこと。
あとは、勇気だ。