「AKB48 22ndシングル 選抜総選挙」生中継

遅ばせながら。映画館でみてました。


22位までを祈りながら聞いていた。
握りあわせた自分の掌がとんでもなく薄く、とんでもなくちっぽけな存在であること。
こんなにも応援している俺の小ささ、こんな想いを託したわずか数票の小ささを痛感しながらも、有華の血と汗と涙が報われるようにと祈りに祈り倒していた。
アンダー入りがいっきに発表され、「22位 11860票 AKB48チームK 梅田彩佳」が発表された瞬間、もう俺の物語は終わってしまった感じがした。


高柳にも、梅田にも、選抜入ってほしかった。
けれど、もし2人がもっと票を伸ばしていたら、倉持が、そして増田が危うかった。
ボーダーラインに固まっていた俺が応援するメンバー達を思うと、増田の選抜入りの嬉しさよりも、梅田と高柳の順位への悔しさと、倉持の順位への焦燥のほうが増していた事実。
ソロでCDを出したり、DiVAとして活動する機会があたえられたりと、この1年間での努力と飛躍をおもうと、確実な票が入り、確実な票数には達しているだろうという妙な安心感もあった。
今年は大丈夫。
25位。「二度あることは三度ある」ではなく、「三度目の正直」にできた。


珍しくテンパって混乱したコメント、胸の内を暴露したモバメ。
そう。強がってるのはわかった。じゃんけん大会でも、選抜総選挙でもいつもそうだった。
段階として踏んでいるから、順位にはこだわらない。
そう言っておきながら、
実力が認められない不安といら立ちが募っていたことは、ファンも承知していた。
よくこの「アイドル」という理不尽な環境のなかで、腐れずに、諦めずにやってきてくれたと思う。


Everyday、カチューシャで増田が選抜入りしたという情報を知った時は、正直あまり喜べなかった。
自分だけが、知る人だけが知っている宝物を、人目にさらしてしまうようなそんな感じがして。
さびしかった、といえるのかな。
けど、今はそうじゃない。
増田有華という素晴らしい歌姫が、これまで以上にAKB48の一員として、一人の人間として、世の中に広まっていってくれる可能性を、本当に嬉しく思う。


選抜入りは果たした。
まだまだこれからだ。
どんどん輝いてほしい。
がんばれ有華。


1位 前田敦子 139,892票
2位 大島優子 122,843票
3位 柏木由紀  74,252票
4位 篠田麻里子 60,539票
5位 渡辺麻友 59,118票
6位 小嶋陽菜 52,920票
7位 高橋みなみ 52,790票
8位 板野友美 50,403票
9位 指原莉乃 45,227票
10位 松井玲奈 36,929票
11位 宮澤佐江 33,500票
12位 高城亜樹 31,009票


13位 北原里英 27,957票
14位 松井珠理奈 27,804票
15位 峯岸みなみ 26,070票
16位 河西智美 22,857票(速報:15位 前回:12位 前々回:10位)
17位 秋元才加 17,154票
18位 佐藤亜美菜 16,574票
19位 横山由依 16,455票
20位 増田有華 14,137票(速報:19位 前回:25位 前々回:25位)
21位 倉持明日香 12,387票


22位 梅田彩佳 11,860票
23位 高柳明音 11,674票
24位 仲川遥香 10,854票
25位 多田愛佳 9,910票
26位 平嶋夏海 9,742票
27位 宮崎美穂 9,271票
28位 山本彩 8,697票
29位 大家志津香 7,264票
30位 大矢真那 6,660票
31位 仁藤萌乃 6,288票
32位 小森美果 6,120票
33位 秦佐和子 6,117票
34位 佐藤すみれ 5,438票
35位 大場美奈 5,411票
36位 須田亜香里 5,343票
37位 前田亜美 5,220票
38位 松井咲子 5,020票
39位 市川美織 4,928票
40位 藤江れいな 4,698票

http://www.oricon.co.jp/music/special/2011/akb_senkyo0609/index.php

高柳の、秋元Pへのメッセージは一番ジーンときた。
ワイプで抜かれるKIIメンもみんな泣いてるし。それだけ、夢に見るKIIオリジナルの公演を語り合ったんだろうな。
中間発表のまま、そのまま選抜入りしてほしかった。
悔しいだろうに、笑顔。あの笑顔。
胸打たれる。こういう子は応援してやらなければいかん。がんばれちゅり。


気がかりなのは河西の順位。
年々落ちているその原因は、他のメンバーが威力を伸ばしていることもさることながら、河西本人のスタンツにもよる。
劇場公演を大切にしている古株であることは確かであり有難いことだが、
内だけではなく外へと積極的にならなければ、来年、再来年にも選挙があるとしたら、選抜外も堅い。
あまり、「国民的アイドル」という立場であることや、「メディア選抜入り」に対して執着がないようにみえる。
その原点への固執こそが河西のスタンツなら、河西自身がそう在りたいならそれでいいのだが。
あの子もああいう甘いキャラクターに見えてしっかり考えを持っているからな。
いつかその真意がみえてくる日がくるならそれはそれで楽しみだ。
そして、今回は選抜入りしたことによる、公約。「ソロ写真集」も楽しみ。本当に楽しみだ。


板野の8位、高橋の7位には騒然としたが
やはり風格は違う。順位や人気なんか関係ないなと思った。
AKB48に必要な柱。
旧Aメンは特に、メッセージが皆、どれも意味深だった。
明日のリバイバル公演千秋楽、A1st。
一体何かあるのか。いや、一体何があるのか。