高架線



自分には伝えるために時間が必要みたいです、といつだかのブログに書いたけど
メロディー、歌詞、映像と、非常に短い2:30でこれだけの世界を構築できるってすばらしい表現力。
ただ無表情で歩いてるなか、最後の最後でちょっとだけ微笑むところとか。
ELLEGARDENの楽曲はどれも好きですが「高架線」は歌に自分の情景を重ねやすいのでとくにお気に入りです。