ひゃく

今年に入って両手の指を全部つかうくらいの回数になった内科通いですが、血液検査の結果がいよいよ届きました。
6月6日に総選挙がおわった翌朝、呼吸器官がものっすごい楽になっていて「な…治った!」感はんぱなかったのでストレス性だと信じて疑わなかったのですが、まあそんなこともなかったという。


おもしろいですねー
血ってただの液体じゃないんですね。身体の状態がちゃんと反映されているというか、成分とかちゃんとわかるんですね。
最初に、身体を巡っている真っ赤な液体を調べてみようとおもった学者の好奇心と勇気はすごいですね。


実は血液検査というものをおそらく初めて経験したのだけど、結果の数値のほうもたいへん興味深くて、
なんかいろんな数値がwwww基準値の下のほうギリギリだったりとかしてwwww
他人事のように、うわあこの人不健康体wwwwとか思って眺めていたら、
1項目だけ基準値を100倍以上うわまわっておりましてwwwwwひゃくばいwwww
咳の原因がついにわかりました!(´ω`)




い、言わないけどね!(´ω`;)




某呼吸器感染症でした。
処方箋投与を維持してせいぜい頑張って治します。