Mr.Children Dome & Stadium Tour 2017 Thanksgiving25【20170630@東京ドーム、20170805@日産スタジアム】

6月はゆみちゃんからチケットを譲り受け、8月はしげとしさんにお願いしてチケットを手に入れてもらうことができ、行ってまいりました!
アイドルのことばかり書いていますが実はバンドのサウンドも大好きでして、音楽として好きなので、贔屓のグループの楽曲はよくよく聴くのです。FC入ってたりライブに足繫く通ったりということはないのですが、そんな私ももう軽く8年ほど前にポルノグラフィティのライブに何度か行ったことがありまして大変素晴らしいライブだったのに日記もなにも感想すら残していないなんてもったいないことをして悔いていたのです。なのでハイパーにわかでありながら、私が体験したセットリストとほんのちょっとの感想をブログにしたためさせていただきたいと思います。

6/30(金) 東京ドーム(東京都)

CENTER OF UNIVERSE
箒星
シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜
youthful days
GIFT
君が好き

                              • 優気さんここから参加↓

ヒカリノアトリエ
CROSS ROAD
innocent world
Tomorrow never knows
車の中でかくれてキスをしよう
思春期の夏〜君との恋が今も牧場に〜
抱きしめたい
Any
名もなき詩
1999年、夏、沖縄
こんな風にひどく蒸し暑い日
ランニングハイ

ニシエヒガシエ
himawari
足音 〜Be Strong
Printing
Dance Dance Dance
everybody goes〜秩序のない現代にドロップキック〜
fanfare
エソラ
アンコール
Overture
蘇生
終わりなき旅

8/5(土) 日産スタジアム(神奈川県)

CENTER OF UNIVERSE
シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜
名もなき詩
GIFT
Sign
ヒカリノアトリエ
CROSS ROAD
innocent world
Tomorrow never knows
Simple
思春期の夏〜君との恋が今も牧場に〜
365日
HANABI
1999年、夏、沖縄
足音 〜Be Strong
ランニングハイ
ニシエヒガシエ
himawari

Printing
Dance Dance Dance
fanfare
エソラ
アンコール
overture
蘇生
ポケットカスタネット
終わりなき旅

東京ドームに入るのは多分ポルノグラフィティの10周年ライブ、2014年のAKB48Gコンサートぶりだったと思うのですが、今回は初めてアリーナではない上のほうの階の席でした。みんみんが仕事で行けなくなったチケットを引き取って急遽の参戦だったため、私も仕事後の入場になってしまいオープニングからヒカリノアトリエまで観ることができず…!前半すごい好きな曲が揃っていたので観たかったなぁ(´・ω・`)入場したのはヒカリノアトリエ前のMCのタイミングだったと思いますが、入った瞬間空気に飲まれるような感覚がありました。本当にスケールが違います。タイトルは思い出せないんだけど聞いたことのある曲が多い(さすがにわか)という具合でしたが、それでも過去の曲が多いのはわかるくらいではある(やっぱりにわか)。
日産スタジアムは開演前からグッズを受け取ったり、特設のフラッグやオブジェの前で写真を撮ったりとミスチルツアーの空気を楽しむことができました!来場者を喜ばせるために趣向を凝らしているんだなーと、音楽的な素晴らしさとともに人としての大きさ、楽しませ方を追求する姿勢をいくつも目の当たりにして、25年続くアーティストの凄みを感じました。
●himawariが新曲として紹介されたの以外、歌いはじめのトークで曲名を紹介するということをしないんですね。それもhimawariも相当そっけなく「聞いてくださいhimawari」みたいなさらりとした紹介。それがとても新鮮で、曲のタイトルってその音楽の一連の流れを示すためにつけられた言葉の形をした印なんだなぁと、ちょっと考えさせられました。タイトルはタイトルでしかないというか。
桜井和寿さんのMCで進んでいきますが、彼のトーク、いいですね。比喩やおもしろおかしい誇張が少しずつ入ってくるのだけど、自分たちのスピリットの部分は揺らぐことなく真剣に語られていて、ずっと作品を"つくる"ことをされている方の話し方だなと強く感じました。
●ランニングハイで泣いた。明るい歌ほど刺さる。足音なんかもそうですが、アーティストとして歩んでいくメッセージ性の強い曲は励まされるところが多いです。25年スタイルを変えずに、でも変化しながら音楽を貫いていくって簡単なようで積み重ねるのが難しいことだから、ミスチルが変わらずに歌ってくれる希望を望む歌詞って聴く者としてはとても尊いですね。
●「掌」っていい歌詞だなぁとつくづく思った2公演でした。「1999年、夏、沖縄」は初めて聞きましたが、ちょうど7月に河西智美さんの「ひめゆり」を観た後だったので沖縄に所縁のある夏だなぁと思いながら聞いていました。大画面スクリーンの映像の作りこみがとてもよくて、歌詞に沿っていたりストーリーを補填するような作りになっていて、どこまでもステージ作りにこだわっているんだなと感服しました。
日産スタジアムでは、きちんと一番大好きなGIFTを聴けたいし、ちょうどドラマが始まっていたこともありHANABIを聞けて相当歓喜でした…!リリースされた年にすぐお気に入りになって2曲ともたくさん聴いていたので本当に嬉しかった(感想がにわか)。SUPERMARKET FANTASYって名盤だよねそれな…。夏の明るめの青い夜空、ステージの上にちょうど月がのぼってきてとても綺麗でした。
●そんな中でも「終わりなき旅」でこれからもミスチルが続いていくことを示すようにエンディングしていったことに、ステージを作る人としての美学を感じました。当時小学生の私でしたけどこの歌詞はとても刺さっていたので、25周年の記念の年でシングル曲も多く披露される中で、2017年の今でも終わりなき旅を大切に歌ってくれていることがとても嬉しかったです。私が大好きなこの曲を、いくつもの曲を作って歌ってるミスチルさんも今でも大切に想ってくれていたんだなって。
●だいぶ散漫な備忘録になりましたが()Mr.Childrenの美学をたくさん目の当たりにする2日間でした。まだまだ知らない曲がたくさんあるなとも感じたので、ゆみちゃんに借りたアルバム含め、1曲1曲楽しんでいきたいなと思います。そしてまたライブ行きたいな…本当に、グッズもかわいいし()楽しい夏でした^^