気付いたこと。

昨日の朝日新聞社の説明会でもらった資料の内定者インタビューを読んでいて。
今の今まで「学生」の気分だった。
2年で文連の会計やって、3年で部長やって、4年で卒論すごい頑張ったし、アルバム委員もやったし。
本当に充実した4年間だったけど、過去の「4年」にすぎない。学部生としての。
まだその延長の気持ちでいた。けど今は、学校も環境も変わり、「4年」の続きではない。
新しい「1年」を「院生」として、本当に充実させなければいけない。
もう四分の三ちかくが過ぎた。けど今、これまでずっと何か腑に落ちなかったものが、やっとすっきり整理された感じ。