2ndシングルイベント東京会場【8.20@幕張メッセ】

地元ということで、始発で行く気満々だったわけだけど、
さすがに5時半前についてどうするのという疑念と、前日までの出勤の疲労を考慮して1時間予定を遅らせ、6時半前に列合流ww
数名前にフォロワーさんのフォロワーさんがおられたので合流させていただいた。ひとり待機はしんどかったので感謝。
知り合うフォロワーさんは、ほんと才加推しか佐江推しばっかりww

ミニライブセトリ

  • 月の裏側
  • Fade out
  • Cry
  • 地下水道
  • インフォメーション

MC割愛。

名古屋会場では、宮澤生誕日とかぶった関係でFade outなしの4曲だったらしい。ちょっとお得。今月の大阪もこの5曲かな。
Coming soon!で披露されたCryの葛藤もあり、アイドルなのかアーティストなのか見失った俺は完全に盛りあがれずにひたすらタイガーしていたわけだが、増田は本当にライブステージだと生きる。
インフォメーションはやっぱり楽しそうだな。ああいう明るい盛り上がれる曲を増やしたらDiVAのステージの雰囲気も変わるね。
逆に、地下水道やFade outなんかのカッコイイスタイルも、DiVAにしか歌えないモノがあるから見入ってしまう。
なんだかんだで、どの曲も好きだなぁ。


バックダンサー

「インフォメーション」はa-nationの広いステージで観ていたから、今回は会場を盛り上げ切れてるなと感じたけど
地下水道」でダンサーがはけて10人から4人になると妙な空虚感。
やはり6人のダンサーにはちゃんと存在意義がある気がする。あの4人だけでダンスパフォーマンスというと物足りない印象を受けた。
あれだけの小さいステージでこう感じたことには何か大きい課題があるからのような気もする。
Twitter上ではひたすら、反増員の意見を聞くが、“ダンス&ヴォーカルユニット”と名乗る以上、現段階でもそれなりのダンススキルを披露できる状態でなければいけない。
どれだけ人数が少なくても、1人1人が構築した圧倒的な表現世界に、観客は息をのむし自然と盛り上がる。
そういうパフォーマンスを提供できるには、アイドル生まれの“縁の下”でもまだまだ足りない。




今月中にメンバー決定、と聞くがどうなるだろう。