アナウンサー

先週陥った深刻な寝不足をやっと解消できた感じがする。身体が朝を喜んでいた…有休大事……そして残業(年度末)。
そんな今朝飛び込んできたビッグニュース。中村麻里子さんがYahoo!ニュースになっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000007-dal-ent

中村麻里子AKB卒業で女子アナに 4月からサンテレビ入社(デイリースポーツ 2017/3/16 )

AKB48中村麻里子(23)が、今月いっぱいでグループを卒業し、4月から兵庫県の独立放送局であるサンテレビジョン(神戸市)に契約アナウンサーとして入社することが15日、分かった。契約は1年で、最大2回の更新が可能。報道キャスターを志しており、「地元の方に愛される存在になりたい」と新天地での活躍を誓った。(以下略)

進路が決まっての卒業。なんならその先もどうしたいかが記事内に書かれている。頼もしい道の先が見える卒業で、若いメンバーの突然の発表が続いて弱っていたけど喜ばしいです。麻里子さんお疲れ様です。


AKB以外には詳しくないですが、そういえば姉妹グループの乃木坂さんからアナウンサーになった元メンバーがいるってニュースが先月ありましたね。
元乃木坂46市来玲奈、日テレのアナウンサー内定(日刊スポーツ 2017/2/3)
テレビ業界は他業種より採用開始時期が早いと聞きますがこんなにも早いとは…。学生の新卒採用含め、新年度が始まるまでにはある程度この業界の結果が出てくるのかしら。

そして調べているとこんな記事を見つけました。
アイドルの“再就職先”、フリーアナが受け皿として拡大(オリコンニュース 2016/9/24)
ひるおび!懐かしいw自宅警備員だった時期によく見ていましたが、その時はフレキス3人と大家さん、仲俣さんなどが読んだのを見た記憶があります。
その後卒業した内山奈月さんもアナウンサーを目指していると宣言していたし、噂レベルではありましたが大学在籍中に卒業した佐藤夏希さんはアナウンサーを目指すのでは?と報道が出た記憶があります(結婚おめでとう!!!)。まあ有力な大学を出たメンバーがみんなアナウンサー志すわけではないから、そういう意味では色眼鏡だったってことですねw
アナウンサーとはちょっとそれますが、武藤十夢さんと岩立沙穂さんは気象予報士の試験にチャレンジしていますね。こちらはこちらで難関と聞きます。テレビでの活躍の幅が広がりそうな勉強ですね。

私にも目指していることがあります(夢とは言わないことにしている)が、それに向かって走れているのは推しのみんなが劇場やライブハウスで地道に自分が決めた道を進んでることに勇気をもらっているから。みんながみんな叶えることができる道のりではないけど、だからこそアイドルである彼女たちが諦めることなくトライしてくれる姿に、我々は気持ちを突き動かされるんですよね。




ここから先は後記というか重いヲタクのひとりごとなので、以上までが今日の更新です(ヽ´ω`)ありがとうございましたw

小林茉里奈さんに届くなら伝えたいこと

そして仲俣さんについては、数年前に現在どうしてるかって記事が出ました。
女子アナ試験には落ちていた! 元AKB48・仲俣汐里の意外な就職先とは?(日刊サイゾー2015/4/23)
記事のタイトルはショッキングですけど、内容は好意的なもの。アナウンサーの夢を叶えることはできなくてもどこかで頑張っているんだなと、こういう近況報道は嬉しかった。

この仲俣さんの記事が出た時、アナウンサーを目指すことは本当に遠く険しい道なんだなぁと当時まりんちゃんを応援していた私は思った。それから半年も経たないうちにまりんちゃんはAKBを卒業して、最後の公演では「もう私一人の夢ではない」「2年半待っててください」と宣言してステージを下りた。その時の彼女があまりにもまっすぐで夢を見据えて離さないほどの頼もしさがあったから、私は逆に最後までどうしても「頑張れ」を言えなかった。だから「待ってるよ」とだけ。そしてそれは今も変わらない。
彼女のことだからきっと単位取得は順調だろうから、この春大学4年生になる歳。昨年秋にMINXのヘアカットのショーで公の場に立ったのは、19歳までのまりんちゃんを見ていた私には想像できないことだった。自分の決めた道以外のことへはなかなか一歩踏み出せないところがあるように感じていたから、あの出来事はとても嬉しく想っていました。有力テレビ局のほかの例えば地方局も視野に入れたら、可能性は広がるかな…と何度も想像したけど、今の彼女にその一歩は踏み出せるか。勇気かあるいは見栄の問題?どうかな?茉里奈さんは今何を思っているでしょうか。
どうしても伝えたいことがひとつだけ。君が決めた道なら、例えあの日の言葉から変わりがあったとしてもそれがファンの夢であることに変わりはないから、心穏やかに笑うことのできる道を選んでください。それが一番に望むことです。



ツイッターで彩希ちゃんについて呟く時もそうだけど、願うように書くことが最近はもっぱら多い…。