あやなんとSHOWROOMのセブ島企画

思ったことを書きます。SHOWROOMのことについて。

 

何を言ったら喜ばれ、何を言ったら傷つけるのか、何を言うべきで何を言わないべきなのか、区別がつかない私だから、この記事で誰かを傷つけてしまうのなら不本意だし、何があったのかを包み隠しながら書いた部分もあるから、読んでも何を言ってるかわからない人もいるかもしれない。

 

だから、あやなんとSHOWROOMセブ島企画について今考えたくない人は読まずにブラウザを閉じてください。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思ったこと

 

どうしてあんなに誤解されやすいんだろう。

 

緊張に弱くて、身体もおなかも心臓もタフではない。睡眠やいろんなことを削った10日間。限界になって感情的になれば、誰だって言葉に角が立つものだし、必死さに拍車がかかってしまうこともある。それは彼女に限ったことではない。でも人は、注目されている時のそれだけを切り取って、最高だの最低だの言う。

 

それが彼女の「弱さ」だというなら、そうなのかもしれない。

 

ももちゃんは強い。あやなんの配信をのぞきに来て、かわいいと言って星を50個投げて「これで50ポイント差で大西が負けたらその時は笑ってください」って言えるももちゃんは、間違いなく強かった。その余裕は確かにあやなんにはなかった。その差で負けたのなら、私は自分の中で今回の最終結果を腑に落とすことができた。

 

それでもやっぱり悔しい。でもあやなんがこれをやりたいって決めたら、応援するしかなかった。それを自分の課金で応援できるならこんなの安いと思った。こんなことであやなんを応援できるんだったら、いつもしてくれてる恩返しとして当然だったし。総選挙であやなんは1票の重みを知っている人だとわかっていたから尚更、課金に対する迷いはなかった。

 

なのにどうして課金して支援してる私がこんな胸糞悪くならなきゃいけないんだろうと考えた。多分このSHOWROOMの企画は、票の内訳公開式の総選挙っぽかったから。それで名前を呼ばれていい気になってる(ように見える)のが気にくわない評論家の皆さんが、ああだこうだ言うのね、と思った。

 

そういう金がものを言わせるイベントを「頑張る」ことが、はたして美しいのか醜いのか、良いことなのか悪いことなのかわからない。けど少なくとも、メンバー1人1人、それに対するファン1人1人で答えが違うことだから、外野がどんなけ何言ったって意味がないしそんなのただの愚痴だと思った。

 

私は総選挙もリクアワも大嫌いだったけれど、今回のSHOWROOMを通じて、そのようなイベントを「頑張る」ということについて見え方が変わった。それを選んで「頑張る」ことで輝きたいと思うメンバーがたくさんいることもわかった。”自分はここで頑張りたい”って決めるのはきっと論理に基づかない感覚的なものだから、それこそファンや外野だけじゃなくてメンバー同士でも意見なんて簡単にはできない事だと思う。

 

もしも、いつの日か推しが総選挙で1位になりたい!って言った日には、こういう汗をかくことになるんだろう。人は変わる、良くも悪くも。そんな時に「札束が飛ぶ」とか「運営の思うつぼ」とか考えてられないということが今回わかった。

 

そして私も今まで、何もせずに随分と偉そうなことをたくさん言ってきたんだなと思う。このところ、本当にそう痛感することばかりで自分が嫌になる。

 

 

 

でもそうやって頭を抱えているだけでもしょうがないので、楽しめるものを楽しんで、肯定したい。そのためにはまず「好き」を大切にすることだと思った。自分がおもう正義のために、飲み込めない事、苛立つことや嫌いなものを増やしてもしょうがないと思った。やわらかく、優しい人でありたいと思った。私はすぐに忘れてしまうから、何度でもこの目標を書く。

 

この10日間のあやなんの配信は本当に楽しかった。見る人がどうしたら楽しんでくれるかをたくさん考えて企画してくれていたから、スイッチの入ったあやなんの本気が伝わってきたから、それが嬉しかったし、人として温かいと思った。本気のあやなんが何を見せてくれるのか、見てみたかったから。私のしたいろんなことに理由があるとしたらそれ。そして結果として素晴らしいものを見せていただいた。

 

まいにちアイドルの配信が途切れた日から、あやなんのSHOWROOMには愛しかない。この10日間だって、あやなん推しの皆さんがすごくすごくすごく頑張っていた。あたたかくて優しくて、私がTLでぼやいてるとリアクションやDMをぶっ飛ばしてきてくださるあやなん推し・チームなん・あるいはカプサ団の皆さんには、今日までとってもお世話になったし、これからも一緒に(非常にささやかだけど)あやなんを応援させてほしいと思いました。

 

今日の全握でも声をかけてくださって一緒にいさせてくれて、あやなんのところに行くのもご一緒させていただきました。本当にありがとうございました。

 

 

どの考えがいいことなのか悪いことなのか、誰の言ってることが正しいのか正しくないのかなんてわからないけど、今日あやなんの笑ってくれている顔をみて、これがすべてだと思いました。私はあやなんのSHOWROOMが大好き。あやなんに笑顔で活動してほしいと思う。そしてセブ島に、胸を張って堂々を行ってきてほしいです。きっととっても似合うから。

 

この後、今日もあやなんは配信をしてくれるみたいです。それがとっても嬉しいです。笑って前向いてるしか、ないですね。