「AKB48全国ツアー2019 ~楽しいばかりがAKB!~」村山チーム4 千葉公演【20190927 13:00- @松戸 森のホール21 大ホール】

キャン待ち当選。いってきた。覚えておきたいことだけ書きます。

【出演メンバー】
浅井七海/稲垣香織/歌田初夏/大西桃香/大森美優/岡田奈々/川本紗矢/行天優莉奈/黒須遥香/坂口渚沙/佐藤妃星/高岡薫/髙橋彩音/髙橋彩香/多田京加/達家真姫宝/永野芹佳/濵咲友菜/平野ひかる/馬嘉伶/村山彩希/山内瑞葵

 

【セットリスト】

前座:完璧ぐ〜のね(吉橋柚花、石綿星南、蔵本美結、本間麻衣)

overture

M01.チューしようぜ!
M02.初恋ダッシュ
M03.走れ!ペンギン
M04.ハートの脱出ゲーム
M05.チャイムはLOVE SONG
M06.チーム坂
M07.LOVE修行
自己紹介MC
M08.初恋の鍵(山内、坂口)
M09.カフカとでんでんむChu!(川本、稲垣、彩音、多田、平野、馬)
M10.愛よ 動かないで(岡田、彩香)
M11.クロス(黒須、歌田、濵)
M12.Which one(浅井、大西、行天、達家)
M13.野蛮な求愛(村山、大森、佐藤、高岡、永野)
MC
M14.ロックだよ、人生は…(撮可)
M15. 4 Stars(撮可)
M16.Teacher Teacher
M17.NO WAY MAN
M18.僕たちは戦わない
MC
M19.365日の紙飛行機
M20.言い訳Maybe
M21.希望的リフレイン
M22.大声ダイヤモンド
M23.サステナブル
M24.靴紐の結び方
E01.猫アレルギー
E02.夢力
E03.ジャーバージャ
感想MC
E4.君と虹と太陽と

 

チューしようぜ!の真ん中で、彩希ちゃんと瑞葵ちゃんがペアになってるのがかわいかった。どの曲でも近いと、ちょっかいを出して笑かせる彩希ちゃん。ハートの脱出ゲームの衣装も着てくれて嬉しい。大好き。トロッコ移動するために走ってステージを捌ける後ろ姿がかわいかった。ふとした時あのようなハイパーかわいい仕草が出るから困ってしまう。チーム坂でなぁちゃんと手を合わせてからずっと涙ぐんでたの、見てましたよ。遠くにいてもと同じ現象かな。サビは背中もしっかりと合わせてたね。なみずきのペアもいいね、レッツゴーが思い出される。そして瑞葵ちゃんのジャンプの高さよ。手の角度よ。相変わらずお空飛んでて好きよ。この歌終わってMC入ったらみんな涙ぐんでた。

MCではキャッチフレーズと一言。彩希ちゃん「イエローネイルを塗ったけどその後お風呂に入ってぐしゃぐしゃになった」とのこと。リハ着を忘れ、入れ替わりになったチームBの早紀ちゃんから強奪するなど。お疲れ様です。好き。

瑞葵ちゃんは、「8月の4コンサートでしたイエローネイルを今日はもう落としてしまったけど皆さんを黄色に染められるように(※趣旨)」という素敵なコメント。MCや番組では言葉に詰まってしまって悔し涙をみせることすらあった不器用さんだけど、感受性が豊かで、目に見えるものや考えたことを素敵に捉えられる眼を持っているんだなと確信した。感想MCでも、平日にも関わらず来てくださってありがとうございましたこれからもAKBを楽しんで過ごしましょう(※超訳)という心優しいコメントをされていました。

そんな山内さんのユニット初恋の鍵はロリにしては健康すぎて、堂々たるなぎちゃんと正反対に着なれてない感がありましたが、双眼鏡をのぞいたら0.920秒で「かわいい」声出た。かわいい止まらなくなった。かわいい。瑞葵ちゃんかわいい。

さややが引っ張るカフカとでんでんむChu!も感慨深い。ピンクのでんでんむちゅの多田先輩がかわいかった。めっちゃ楽しそうに客席に笑顔を振りまいていた。素敵。

愛よ 動かないで高橋彩香さんはとても歌えるのですね。声が大きくて通るし、綺麗。知らなかった。意外な人選だったけどものすごくよかった。神奈川公演に続き岡田さんによるSDN楽曲、大人な4。贅沢なデュエットでした。

黒須のクロスはすばらしいね。振り切れてる歌田初夏さんと、ユニット上手の番人・濱咲友菜の真ん中で、黒須さんなんて堂々たる様。右足アンダーやっただけある四肢。かっこよかった。Which oneは通路披露でよく観えなかったが、大西さんのくびれが美しくて、セブ島ガイドブック楽しみになりました。ボーイッシュが似合うね。

野蛮な求愛、村山さんよ。距離はあったけれど謎の0ズレ席のため一直線上の目の前。振りが細かくて速いのを、解放されたようにバキバキに踊るの。しなやかなドルフィン、水を得た女神。歌よりもダンスの印象がひたすら強かったけど、キメるパートはやりすぎですよってくらいのキメ顔で歌ってくるから憎い。最後の蹴りも、暗転してく中の気持ちよさそうな笑顔も。かっこいいのわかってるからもう。最高でした。

ロックだよ、人生は…4 Starsの選曲は嬉しかったけど、撮可タイムで着席だったので振りコピが全然できなくて。せっかくの1階ど真ん中だったんで定点で撮っておきました。曲が終わって横須賀カーブのイントロを待ってしまったなんて言えない。

Teacher Teacherは前に幕張全握で観た時より、彩希ちゃんが近くて。テクニカルな身体の使い方も、パーツとして魅せる表現の仕方もできるって、あなた何なのもう。無敵なの。このあたりがダンスパートなのかな、NO WAY MAN、テンポアップする部分(サビ?)の「もう根拠なんていらない」で腕ひらひらさせる振りが大好き。力強い激しいダンス中でここだけちょっとゆるやかになって、綺麗なのよね。脚のステップと合わせると尚のことひらひら舞っている感じで綺麗。

僕たちは戦わない、久しぶりに聴けてよかった。レコ大に彩希ちゃんが出てくれたから好きになれた、私にとって救いの1曲。殺伐とした今に沁みる、いい歌詞。許し合いたい。365日の紙飛行機は、ニュースにもなったあるファンの方への追悼を込めて。他の機会にもよく披露を観る歌ですが、彩希ちゃんも瑞葵ちゃんも真剣な顔してました。歌い出しはもちろん岡田さん。希望的リフレインは秋に聞くと懐かしいね、田原公演。ニコニコしてえくぼのできた笑顔は、昔から本当に変わらないね。ポーズする時に頬をぷくっとするのとか。間奏踊りながら一緒にMIXのよっしゃいくぞって言うのとか。 

アンコール、あっという間だったな。瑞葵ちゃんの一生懸命の感想も聞けてよかった。しっかりした子だ。猫アレルギー、「おじゃまして~」のところは、彩希ちゃんが瑞葵ちゃんに(ちゃんとやってね!)と促しつつ、3人でU.S.A.ダンス。村山さんのぱたぱたさせた腕のキレよ。ずっと観たかったやつよ。彩希ちゃんは身体を動かすことに対して無邪気ね。すごく楽しそうでした。観れて嬉しかった。

言葉にしなくていい感想もあるものだなあと、笑顔で踊り切った彩希ちゃんを観て思いました。感想として外に出してしまったら安くなるから、今はまだ言葉にしなくていいなと思う、漠然とした感想が。といいつつくそ長いブログ書いてるんですけど。

 

走ペンから猫アレルギーまでチーム4を振り返るセトリになっているけど、私にもその1曲1曲に思い出があるのは、まりんちゃんのいた峯岸4から、彩希ちゃんを通じてずっとこのチームを観てきたからなんだなという、平凡な感想。平凡だけど有難くなる気づき。チーム4は素敵なチームです、相変わらず。

この日夜のBコンサートで、各チームのツアー追加公演が決まりました。TDCホールにて、チーム4は12月9日夜です。「またやりたい」という感想が散見される中の追加は嬉しいですね。ツアーの千秋楽と銘打たれてるから本当に年内で終わるのだろうけど、 また村山チーム4の思い出と結束が多く強くなりますように。

楽しい時間をありがとうございました。

 

f:id:yuuki0507com:20190928094722j:plain

 

 

 

 

 

 

ゆいりちゃん

以下私が勝手に思っていること。読まなくて結構。

 

変わらないといいつつ、アンナ公演でも6月の生誕でも、そして昨日のコンサートでも、同じことを思った。

大人になったんだなと。

チーム4に昇格して踊って歌って、MCで素敵なエピソードや笑える話を聞かせてくれてた無邪気な頃から、もう大人になったんだなと。この日のMCはもう話す側じゃなくて、まとめてつっこんで引き立てる側になっていた。チームのみんなを引っ張っていく存在。今年の12月で加入から8年が経つ。そうか、もう22歳。

キャプテンになりますって発表を聞いてから、チームに推しの名前がついてから、もうすぐ2年。ようやく実感がわいてきたというか、キャプテンってのが何なのか実感できてきた。

苦しいね。思い通りにいかない、大変なことがたくさんだ。

一人のメンバーとしての彩希ちゃん。キャプテンとしての彩希ちゃん。そして、選抜メンバーとしての彩希ちゃん。

つまづいてる自覚があって、でもその立ち直りの機会になるはずの劇場公演は信じられないくらい巡ってこなくて、気が付けばテレビのお仕事、キャプテンやシアターの女神名義の外仕事ばっかり。リクアワでジャーバージャの選抜が発表された時、舞台裏で泣くほど恐れた未来のただ中に、今いる。CDのジャケット写真、雑誌の表紙、広告ジャック、外のライブ、全握ステージ、たまの公演。想いのエッジをこちらに向けてこない上に優しい顔をしているから、本当の気持ちがどれなのかわからなくなる。

すべてのことがあなたに意地悪をしてるように見えてくる。ペアで推されるあなたを色眼鏡で見ておもしろがる全員が憎い。「私のファンの人達はわかってくれているから」と必ず声をかけてくれるけど、わかってるだけじゃ何の役にも立たないのよ。

それでも、メールに送ってくれたように、チームのみんなのために頑張ることで彩希ちゃんの中でなにかが保たれるなら、応援することしかできない。今日9月28日みたいに代打で出演できる劇場公演があれば、キャプテンとしてのコンサートを成し遂げた翌日でも秋葉原にすっ飛んでいって劇場のステージに立ち、そしてまた外の仕事に出ていく彩希ちゃんを見守ることしかできない。

それしかできないことくらいわかっているけど、わからなくなった。過去にモヤモヤを抱えた時にどうやって腑に落としてきたのか、ブログを読み返してみたけど、くっそ長ぇな()っ自己嫌悪しながら読んでみたけど、多分そこに書いた課題と答えはとっくにクリアしてしまってて、彩希ちゃんは今、前人未踏の場所にいる。

いまだかつてない暗雲が立ち込めている48Gの状況。不満のあるはずの、不安なはずの本人はそれでも笑顔で、頑張ってAKB48でいてくれていて、ポジションのある劇場公演が極端に少ない中で、大好きなメンバー達みんなのために自分が大きくなりたいと思っている。

ロングインタビューでも前向きな未来像を語ってくれていた。きっとまた時間をかけて、彩希は彩希の道をいってまた新しい景色を見せてくれるはずで、彩希ちゃんにその力があるって信じているし、それをただ見ていたい。

けど、マジで見守る以外のことができねえ。無力。ただ、彩希ちゃんが楽しいと思えるAKB48であってほしいだけなのに、どうしてこうも…彩希ちゃんが一番苦しいのはわかっているけど、弱ってるのを見守るしかできないなんて、本当に苦しいよ。

劇場公演をがむしゃらに頑張り続けた彩希ちゃんを、ライトが見つけて、追いかけてきた。けどどうか、スポットライトに焼かれないでください。どうか元気で。ご飯ちゃんと食べて。痩せたとか太ったとか全然気にしないから、お願いだからちゃんと食べて。レバーも食べて。休める時に休んで。夜はちゃんと寝て。

 

f:id:yuuki0507com:20190928090333j:plain

f:id:yuuki0507com:20190928184927j:plain

f:id:yuuki0507com:20190928184944j:plain