著名人公演

毎日更新宣言から1週間が経ちます…河西さんレポは書き終らないし寝不足で間に合わせの話題もうまく思いつきません…もうダメかもしれません…彩希ちゃん可愛い好きだよ…

AKB48劇場は、2015年秋から始まった著名人公演シリーズの千秋楽ラッシュです。先日5日には田原総一朗公演、今日7日は春風亭小朝公演が千秋楽を迎えました。田中将大公演はもう終わっていて、今月17日には岩本輝雄公演(通称テル公演)が終わります。4月に小嶋さんが卒業するから好感度爆上げ公演も終わりが見えそうだ。外山大輔公演は始まったばかりですが。

個人的には田原公演が一番好きでした。彩希ちゃんが唯一メンバーに選んでもらえた著名人公演だったということもあるかもしれませんが、人選と曲の組みあわせ、「ベテランと若手メンバーが力を合わせる」というコンセプト、田原さんが好きなたかみなとAKB劇場の熱に照準を合わせたセットリストのすべてに筋が通っていて、既存楽曲の組み合わせながら素晴らしい公演だったなと感服しております。田原公演だけは2015年10月に入ることができました。岡田奈々藤田奈那村山彩希の素晴らしきBirdをセンブロ下手寄りで拝めた。目が二つしかないことが惜しいくらい3人ともパフォーマンスが秀でていた。アンコールの目撃者も熱くて、即席ながらチームTというチームにまとまっていた。それも、田原さんが仕掛けたコンセプトのおかげだったのかな。もっと観たかったな…
小朝公演は「イヴはアダムの肋骨」ってタイトルがなんかもうあれ←で重たいせいか、ちょっととっつけなかった…。盗まれた唇の彩希ちゃんが、1番サビの「唇」の歌詞のところで非常にフィジカルに振付をこなすところが好きです。唇に指を当てて横向きのシルエットになるところですね。あれのために小朝公演定点で観るみたいなところあった。
テル公演は彩希ちゃんが助っ人で入ってから観はじめましたが、シングル楽曲がひたすら続くのでオンデマンドを"ながら見"しがちな私は助かっていましたw青空カフェに出会った公演ですね。あとひこうき雲で涼花と彩希ちゃんがタオルで殴り合いをしたのも良い思い出ですね(?)
まーくん公演は振れたほうがいいのかな?wきらっきらなメディア選抜が出てくる印象が強すぎてあまりちゃんと観たことないけど、AKB48劇場で約8年ぶりに「君はペガサス」を披露した功績は大きい。君ペガはやはりステージ奥の鏡から登場して始まらなければ。

2012年にチームごとのウエイティング公演が始まってからいろんな特別公演が組まれてきて、この夏からは「僕の太陽」もチームの枠組みから外れた特別公演として展開して走っている。AKBに在籍する(必ずしも外仕事が多いわけではない)メンバーが、先輩後輩まぜこぜでプライドをも捨てて、一緒になって劇場公演を作っているという感じが強いこの頃です。彩希ちゃんがいろんな仲間達と距離を縮めて苦手だった年上の先輩方とも親しくなり、いろんなことを吸収しているのがしみじみ伝わってくるから、チーム単位じゃない公演も良いものだなぁと思えるようになりました。
組閣のくり返しと卒業の連続でチーム体制が疲弊しているとすれば、そういう今の現状だからこそ劇場公演を盛り上げていくためにチームの垣根を越えて、こういう特別公演で今のAKB48の団結を編んで見せつけてほしいなと思います。
やっぱりドンキ8Fの劇場はいいなぁ。